肌診断機を使って肌トラブルを見ると、目には見えない肌トラブルまで見る事ができます。自分の肌は見えているようで、意外と見えていない部分があります。肌が荒れるなと思っていると水分や油分が少なくなっている、角質が荒れているという分析ができます。よく乾燥肌、オイリー肌かわからないという方がいますが、実は混合肌だったということや、季節によって変わる方もいます。また今まで健康な肌だったが年齢と共にバランスが崩れてきたということもあります。これらは実感することには、すでに症状は進行していることが多いです。最新の肌診断機になると毛穴の詳細を3Dで見る事も可能です。自分でも分からない肌の体質を知る事で、どのようなスキンケアが今必要なのか、今後必要になるのかを知る事ができます。

肌診断機でお肌の水分と油分のバランスを知ろう

ご家庭で使える肌診断機もありますが、こちらは知る事ができる情報は限定されており、また数値で診断されるだけなので、数字の意味が分からなければ、あまり実感はわかないものです。数字から肌のお手入れに繋げるには、知識と実感が必要になります。また肌のトラブルの原因は常に一つでは無いので、例えば水分量だけチェックして保水をしても足りない場合もあるということです。肌の脂分が少なくなると乾燥肌になります。乾燥肌になると水分が蒸発し水分不足となります。つまり水分と共に油分も補給する必要があるのです。油分が経ることで肌バリアが低下するので水分不足だけでなく、細菌やカビが付着、増殖しやすくなってしまい肌荒れを起こします。また弾力も失われます。適度な油分はお肌を守るために必要なのです。

肌診断機はスキンケアの適切な方法を知るために大切

毛穴トラブルやニキビなどの診断もできる肌診断機ですが、これは皮脂の過剰分泌が原因である可能性もあります。皮脂は肌にある皮脂腺から出ますが、油分で毛穴が広がっていく場合があるので、定期的にケアをする必要があります。また皮脂が多いと、アクネ菌の餌が多くなり、ニキビが多くなるというサイクルが生まれます。そして油は紫外線に触れると酸化します。酸化は老化ですからシミやしわが増えるというわけです。それなら水分と油分を計る事ができる肌診断機を持っていればいいのではと思われますが、他の肌トラブルの進行度を知る事も大切です。角質ケアは水分や油分を補給すればなおるものではなく、ピーリングとよばれる処置をする必要があります。もちろんその後は保湿ケアが必要になります。女性の肌トラブルは生理周期にも関係しますので、肌トラブルの原因を知っておくことは、その時々の対処にも繋がります。