北欧家具と言えばスウェーデン

北欧家具は最近とても人気があります。中でも北欧家具と言えばスウェーデンです。国内にも大手のスウェーデン家具を扱っている大型店が登場しています。シンプルな中にもデザイン性にもすぐれ、耐久性もある事から人気を集めています。どのような部屋にも馴染みやすくシリーズで揃えればよりお部屋をすっきりと揃える事ができます。またお値段がリーズナブルと言う点が大変魅力的です。安っぽくみえなくて、機能性にも優れていますので、キッチンのみならず、子供部屋、リビング、寝室などあらゆる場面で活用できます。通販でも購入が可能なのもうれしい点でしょう。種類も豊富で設置場所のスペースに合わせて組み合わせて使用する事もできますので、使う人に合わせる事ができるのです。北欧家具は多くの家具屋さんで扱っています。これから家具を揃えて行こうと思っている人は特におすすめします。組み立てタイプも多く販売されています。収納家具も多く販売されていますのでこの際思い切って家の収納や家具をスウェーデン家具に変更し統一性を持たせたナチュラル空間を演出してみてはいかがでしょうか。お部屋が明るくなります。ファブリックも同時に揃えて行けばよりおしゃれ感を出す事ができます。

時を経てより人を惹き付けるビンテージ北欧家具の魅力

北欧とは北ヨーロッパ諸国を指し、アイスランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドの五ヵ国の事です。この北欧で作られた家具は、とても素晴らしい作品が多く、何十年も前に作られたものが今もなおビンテージ家具として世界中で人気があります。シンプルで無駄がなく、それでいて洗練された家具はこの地域独特の気候がもたらしたものだと言われています。北欧はその四分の一が北極圏に属し、一年の半分が冬なのです。そうした気候故に、家の中で過ごす時間を心地よいものにしたいと考え、家具にこだわりを持つ人々が多いのです。北欧家具によく使われる木材には、チーク、ウォールナット、チェリー、メープルなどがあります。これらを原料として作られた家具は、どれをとっても表情が違い同じものとは巡り会えません。ですから、気に入った物に出会うとまるで人と接するかのように家具に愛情を持って、丁寧に長年付き合っていくのです。人が歳を重ねて変わって行くように、大切に手入れされてきた家具もまた、経年変化によりその色合いが変わって行きます。例えば、チーク材ならば初めは褐色ですが次第に味のある深い茶色に変化します。オーク材は逆に、落ち着いた焦げ茶色が徐々に淡い色合いへと変貌します。こうして長年かけて表情を変化させ、いつしかビンテージ家具と呼ばれ人から人へと受け継がれていきます。北欧家具は、時間が経つにつれより魅力的なものになっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*