スウェーデンなど北欧家具の魅力

北欧家具はスウェーデンなどスカンジナビア各国でデザインされた家具のことです。シンプルで暖かみがあり、飽きのこないデザインであることから世界中の人々を魅了して止みません。緯度の高い北欧の国では冬の寒さは厳しく、長時間家にこもって過ごさなければなりません。そのため室内を快適に心地よく過ごせるように、インテリアへのデザイン意識が高くなりました。そのデザインは装飾をできるだけ控えめにしながらも、美しいラインと高い質感を特徴としています。素材の美しさを最大限活かし、見る者に優しさと温もりを与えてくれます。20世紀以降はモダニズムデザインの影響をうまく取り入れて、それまでの伝統的なデザインと融合することに成功しました。モダンでありながらも暖かみのある北欧家具は、世界中で支持されるようになりました。伝統的な製法で作られる北欧家具は耐久性も高く、何世代にも渡って使い続けることができます。むしろ使い続けるほどに深みが増し、深い味わいを感じることができるようになります。熟練の職人によって手作りされるため機能性にも優れ、とても使い勝手がよいのも特徴です。快適に長く利用するための細かい配慮が隅々に行きわたっており、まるでオーダーメードで作られた製品であるかのように感じるはずです。スウェーデンには長い歴史を持つ家具職人が多く、世界中にそのファンが増え続けています。

スウェーデンの北欧家具

スウェーデンを始めとする北欧の家具は、近年日本で大変人気があります。スウェーデンの家具メーカーも日本に進出し、店舗数を増やしています。北欧は、大変寒い土地で、厳しい冬を家で過ごす期間が長いため、インテリアデザインが早くから浸透し、北欧の木材を使った家具作りが盛んに行われてきました。北欧の国々は、自然と共存するライフスタイルを大事にしており、北欧家具はどれもナチュラルで白木を使用するなど、自然の素材を活かした温かみのあるデザインが多いです。色味も自然に溶け込むような柔らかな色合いが多く使われます。輸入家具は、数多く存在しますが、中でも北欧家具が日本人に人気があるのは、自然を活かしたデザインが、日本人の心を捉えるからでしょう。日本の住居は木造建築が多く、畳や襖などを見てもわかるように、自然のものが多く取り入れられています。日本庭園は、規律的な雰囲気ではなく、自然に近い雰囲気を残します。このような特性から、日本の住居には、不思議と北欧の家具が似合うことが多いです。意外な組み合わせですが、畳の部屋にも北欧の家具がマッチすることが多いです。近年は、家具だけでなく、北欧独特のゆったりとした自然と共存する暮らし方も人気を博しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*